100周年を壁画でお祝い

100周年を壁画でお祝い | MCI 日本 | 日本人

KLM100周年記念イベント ー ブエノスアイレス(アルゼンチン)

Challenge
KLM
は2019年10月、創設以来社名を変更することなく100年間経営を続ける世界初の航空会社となりました。MCIアルゼンチンがKLMから受けた依頼とは、この重要な節目を祝うにあたり、今後の航空業界だけでなく次世代の旅行者のための持続可能な未来に向けた取り組みを表現したエクスペリエンスを考案してほしいというものでした。


Solution
100周年を祝うためにKLMが選んだMCIアルゼンチンの提案とは、クリエイティブな手法の広告でありながら、地域社会にも有益な影響を残すプロジェクトでした。地元のアーティスト数名が動員され、記念日に込められる大切な4つのポイントからインスピレーションを得た壁画の提案を求められました。
・サステナビリティ
・次世代
・お祝い
・ダイバーシティ
プロジェクトの概要が発表された後、ブエノスアイレス周辺の10か所でアートワークを披露できる9人のアーティストが選出されました。MCIアルゼンチンの役割は、プロジェクト全体の運営し、現場のプロジェクトマネージャーのもとクライアントからの要望がしっかりと反映されているか最後まで確認することでした。

壁画それぞれが光触媒で、CO2を吸収するという特性をもった環境にやさしい無害の塗料で描かれました。各壁画が、6kgの二酸化炭素を除去すると見込まれています。アート作品が、まるで成木のように都市の空気の質に貢献するのです。

この取り組みはインスタグラム上で旅行に関心の高いグループから注目を集めました。実体験とオンラインの世界を結び付ける'Painting the 100 years of KLM'キャンペーンが行われました。それは、#KLM100や #MuralesKLMといったハッシュタグをつけて壁画の前で撮影した写真をインスタグラム上でシェアするというものです。MCIアルゼンチンはハッシュタグ、インスタグラムストーリー、ユーザーがアップしたコンテンツをうまく活かし、アーティスト、航空会社、地域のトラベルインフルエンサーたちのインスタグラム上のプレゼンスを築くことで、この取り組み自体のエンゲージメントも高めることに成功しました。
この芸術的なプロジェクトにはデジタルによる工夫も添えられました。各アートワークに施されたQRコードをスキャンすると航空券が当たることから、多くの方々が壁画を見に足を運びました。

カラフルでサスティナブルなプロジェクトによって、KLMは地域の素晴らしさをプロモーションするだけでなく、目的地に付加価値を与えるというサービスプロバイダーとしての役割を強化することに成功しました。

100周年を壁画でお祝い ー KLM