初のハイブリッド開催が成功を収めた内閣府宇宙開発戦略推進事務局主催シンポジウム

初のハイブリッド開催が成功を収めた内閣府宇宙開発戦略推進事務局主催シンポジウム | MCI 日本 | 日本人

 

第6回を迎えるこのシンポジウムは、平成28年より内閣府宇宙開発戦略推進事務局が主催するものです。宇宙空間の安定的利用の確保に関する議論を深めることを目的に、関係各国から関係者を招聘し、今後の取組むべき課題や実施可能な事項などについて議論しつつ相互の認識を共有し、国際連携を強化する大切な機会となっています。今年はコロナ禍のため、初めてのハイブリッド開催となりました。

MCI-JCS Japanが業務全般を担当し、プラットフォームの選定から、事前収録とライブセッションから成るプログラムの管理および運営、国内外の登壇者や参加者の対応を行いました。また、同時通訳者、リモート環境における「同時通訳機材」の手配はJCS、音響・映像・配信をDorier Japanが担当し、グループが一つになってイベントを成功に導きました。

 

<主催者のコメント>
お陰さまで、これまでにないほど充実した議論の場を得ることができました。

困難な課題や細かい要望にも誠実にご対応いただき、また、情報の管理などについても、極めて信頼できると感じました。プラットフォームについてもうまく工夫して運用していただき、感謝しております。