「バーチャル」と「デジタル」という言葉がイベントの世界に広まり始めた頃、face-to-faceによるミーティングの機会は、いずれ消えて無くなってしまうのではないかと多くの人が危惧しました。

また、face-to-faceのイベントは完全に過去のものになり、FAXやかつて人々に愛されていたミックステープと同じ運命になるだろうと予測する人も多数いました。それから ”technophobes (ハイテクを嫌う人々)” も存在しました。彼らは現実から目を背け、最新鋭のハイテク機器が単なるギミックであることを祈り、“ハイブリッド”が(この言葉が何を意味しようと関わらず)決して世間に浸透しないことを望んだのです。もちろん、それら最新鋭のテクノロジーは世間から多くの注目を集めましたし、彼らもまた結局のところ注目してしまったのです。

過去数十年間、テクノロジーとインターネットはイベント業界にドラマティックな変革をもたらし、technophobesは遅れを取り戻そうと必死なのです。

ライブイベントの需要が減少することを心配した悲観論者たちもいましたが、やはりそれも杞憂に終わりました。 2016年には、「face-to-face=人々が直接出会うこと」が依然として重要であることが明らかとなりました。face-to-faceのイベントはこれまで以上に重要となっているのです。

バーチャルミーティングやデジタルタッチポイントはますます重要視されつつありますが、それらはface-to-faceのイベントに取って代わったりはせず、補完していると言って良いでしょう。

事実、デジタルエンゲージメントの増加は、人々のface-to-faceへの欲求を高めており、オンラインコミュニティは大きな勢いでオフラインとなっているのです。

[...]

右の項目を入力して、ぜひフルバージョン(English)をダウンロードしてください。

 

さらに詳しい情報をお求めの方

お気軽にお問い合わせください。