ハイブリッドイベントが費用対効果を高める

ハイブリッドイベントが費用対効果を高める | MCI 日本 | 日本人

複雑で不安定な世界で、ミーティングやイベント産業はこの状況に苦しんでいます。そんな中、ハイブリッドイベントはライブイベントに代わる選択肢となり、データ収集力を高めてくれます。

私たちが生きるこの予測不可能な時代では、政治的変化、環境の激変、世界の健康リスクが生活の仕方、働き方に大きく影響を及ぼします。現在の不安や複雑さは組織の経営陣にどうやってこのような時期をうまく乗り切ることができるのかと考えさせるでしょう。

人々を1か所に集めるためには世界中から移動させる必要があり、ミーティングやイベント産業は世界で起こる出来事の影響を受けやすいという理由で、延期やキャンセル、先の見えない結末に苦しむことになります。その一方、高度のデジタル化やコネクテッドワールド(すべてのものが相互につながった世界)が多くの代替案を与えてくれます。

その中でも、ハイブリッドイベントを運用すれば、今後起こり得る損失からイベントを救うこと、イベント戦略の担当者に新たなチャンスを与えることの両方が可能でしょう。

利点の一つがデータ分析とレポートです。イベント固有の性質上、ROIを計測することがライブコミュニケーションの戦略の課題とされてきました。一方ハイブリッドイベントでは、主催者が測定基準を引き出すために様々なデータタッチポイントを利用することができ、イベントの効果を最大化するための実用的なインサイトを割り出すことができるようになります。