ミーティングデザインの進化

ミーティングデザインの進化 | MCI 日本 | 日本人

-イベントの新しいフレームワーク-

たくさんの選択肢がある今、新しいミーティングデザインを考える必要はあるのでしょうか?

イベントデザインは絶えず進化しており、ゲストはさらに期待を膨らませています。つまり、イベントデザインを構成するそれぞれの要素間に相乗効果が求められているのです。

ゲストは一体何を期待しているのでしょうか?MCIのスタッフによる見解をいくつかご紹介します。

 

関連性

私たちが住む世界は、数えきれないほどのあらゆるコンテンツに溢れています。その膨大な数のコンテンツによって、私たちはオーディエンスを圧倒してしまいがちです。ここで重要となってくるのが、“関連性”なのです。ゲストは自らが興味を持っているものにのみ注意を払う傾向にあります。コンテンツやスタイルが自分のニーズに合わない場合、彼らの興味は削がれ、私たちは大切なゲストを失うことになってしまいます。

イベントをデザインする前に、ゲストが関わるビジネスの世界、興味、そしてニーズを理解するための時間を大切にしましょう。

 

“ひとくちサイズ”のコンテンツ

せっかくの深い知識を無駄にしないよう、コンテンツをどのように伝達すべきかを再考してみましょう。 「モバイル」が台頭している今、人々は外出先で必ずと言っていいほどコンテンツを消費しています。我々は高速(fast-paced)の世界に生きているのです。オーディエンスは、少量かつ短い形式のコンテンツに慣れ親しんでいるのです。

長期的な効果を得るためにも、アクセスしやすく視覚的に訴求力があるイメージを生み出しましょう。

 

シェアできる経験

私たちは他人の体験を自分に重ねることがあります。例えばInstagram。ユーザーがエキサイティングな体験をシェアし、FOMO*の感覚を生み出す世界的に有名なプラットフォームです。この流れに乗り遅れないためには、ゲストにイベントを十分に楽しんでもらい、フォロワーとシェアしたい!と思わせるような体験を提供することが重要です。

だからこそイベントの要素は、人々をワクワクさせるものである必要があるのです。そうすれば、ゲストは自分のソーシャルフィードを通してシェアせずにはいられないでしょう。

*Fear Of Missing Outの略。取り残される不安・恐怖のこと。近年、現代人のSNS病としてよく知られている。

 

エンターテイメント

娯楽(pleasure)よりもビジネスを優先すべきであるという昔ながらの考え方は、遊戯(play)とビジネスを同等だと考える現代的なアプローチへと徐々に変わってきています。ストーリーテリングとゲーム的要素をイベントに織り込んで、より魅力的な時間を創り上げましょう。

 

ネットワーキング

ネットワーキングは、ビジネスゲームを優位に進めるために最も重要です。若い意欲的なリーダーや長年ゲームに参加してきたリーダーは、知識を共有し、新しいパートナーシップや将来性のあるビジネス契約を獲得するための方法としてネットワーキングを活用します。

内向的・外向的問わず様々な人と気軽につながりましょう。アイスブレイクの手法を使って、一緒に働き始めるためのグループアクテビティを計画することも有効かもしれません。

 

いかがでしたか?ぜひフルバージョン(English)をダウンロードして、新しいイベントのフォーマットやMCIが提供するソリューションをチェックしてください。

さらに詳しい情報をお求めの方

お気軽にお問い合わせください。